自動車保険の将来はどんなだろう

今の自動車保険は3つの柱で成り立っている。
それは、賠償、傷害、車両の3つの主契約。それに特約と言うオプションをつけて成り立っている。
が、衝突しなければ、これらの3つの主契約いらないかもしれない。
自動運転が普通になれば、賠償も傷害もいらないかもしれない。
あと残るのは、車両と言う財物に対する補償。

もしかしたら、今現在行われている事故処理もいらなくなるかも。
予想できる損害に対して、右から左へ書類が流れ、保険金の支払いとなるかも。

もし、自動車保険が無くなったら、
今その種目で収益を得て、生活している人たちはどうなるのだろうか?
もしかしたら、この業界自体が無くなるかもしれない。

自動車保険の切り替えはこちら