英会話 独学 教材 オススメ

英会話を独学で勉強するならこの教材がオススメ

英語リスニング力をつける
英語リスニング力をつけるには英語の発音方法を身に着けることが基本になります。
英語の発音方法で現地で使われています「フォニックス発音」を練習する。
これは母音16音と子音24音を舌の動きから練習ものです。
rとかlとかth発音だけではないのです。
母音、子音それぞれ発音方法があるのです。

最初はゆっくりはっきりと発音します。
慣れてきたら少し早く発音していきます。

英語発音が出来たと思えるようになったら
「リエゾン」というものを理解していきましょう。
リエゾンとは単語の後ろと次ぎの単語の最初の文字を続けて発音するということ。
リエゾンには39パターンありますので、
それらを兎に角覚え、使っていきましょう。

英語リスニング力は英語を聞くだけでは決して身に付きません。
喋れて始めてリスニング力がつくのです。


英語のスピーキング力をつける
英語のスピーキング力をつけることはそんなに難しくはないのです。
え?と思われるかもしれませんが、ある方法を使えばいいのです。
「ネイティブと友達になり、英会話を練習する?」
こういう環境をつくることができれば最高ですが、
一般的にハードルが高いと言わざるを得ません。

あなたの家には「鏡」ありますか?
大抵のご家庭には鏡ありますよね。
その鏡を利用するのです。

ネイティブが喋る文章を毎日覚え
鏡の自分に向かって喋るのです。
たったこれだけです。

疑うのであれば、やってみてください。
1ヶ月もすれば、日常英会話を喋っているあなたがきっといます。

英会話を独学で習得したいならこの教材

ネイティブイングリッシュという教材



オススメする理由
1.口から英語が勝手に出てくる仕組みがある
  
口から英語が勝手に出てくるとは、英語と日本の並び方に秘密があります。ヒアリングを強調している他の英会話教材は英語を聞いた後に日本語を聞くようになっているけれど、ネイティブイングリッシュは、順番が逆で日本語の後、英語。これなら日本語から英語に訳そうと頭は考えているときに、英語のフレーズが聞こえきます。日本語=英語が出来上がりいわゆる英語脳が出来上がっていくのです。


2.リスニングにも秘密がある

リスニングでは、通常の速さのみの英語を多く聞けばリスニング力は身につくと考えがちですが、実はそうではありません。遅いスピードの後、早いスピードにすると、早いスピードでも聞き取れるようになるのです。アメリカ英語ではリエゾンを多く使います。つまり、単語の最後の音と次の単語の最初の音が重なって違う発音となること。


3.2年間のバイリンガルの人へメールで質問が出来る権利

同じ意味の単語でもニュアンスがあり、辞書等で調べても分からない事がたくさんあります。その質問を遠慮なく質問出来る窓口があり、2年間も続くのです。日本人が勝手に英作文をしてもぜんぜん通じない文章になる可能性があります。

例えば、「これ美味しい」はIt is delicious.と言う日本人多い。
が、It is good.と言います。もちろん、すごくおいしい場合には上記の文章を言う場合は確かにあります。


4.かなりのCDやテキストボリュームなのに、費用は29,800円

CDが18枚でさらに全員にビジネス英語のCDが4枚付きますので、合計で何と22枚。2年間のメールフォローが付きますので、月々の出費は何と1,242円となります。


5.モティベーションの維持がしやすいし、いつでもどこでも学習することができます。

上にも書きましたが、2年間のバイリンガルの人のメールフォローがあるので、モティベーションの維持がしやすい。


6.たくさんの口コミがあり、そのほとんどが好意的です。その数4,000以上あります。英語・英会話教材のランキングでも1位になっています。


7.発売以来、大々的な広告をしていないのにもかかわらず約4万本を販売しています。


8.返金保証があります。どんな英会話教材でもすべての人に合うことはありません。一生懸命に英語を濁学で勉強し続けたけど効果がわからないという人には、返金保証を利用できます。ただし、教材を返すための送料は負担しないといけません。



では、どのような人にネイティブイングリッシュをおすすめできるか

1.英会話スクールに通い一生懸命学習したが、挫折した人

2.英会話初心者

3.英検の合格やTOEICのスコアアップを狙っている人

4.英会話を上達させて海外旅行を楽しみたい人

5.洋画や海外ドラマを字幕なしで楽しみたい人

6.外国人と付き合いたいとか、恋人を作りたいと言う人



ネイティブイングリッシュの体験者の動画





テキストいらずの聞くだけ学習 英会話教材【ネイティブイングリッシュ】





 

サイトマップ